« 南ドイツの甘いもの | トップページ | メダルより大切な物 »

なんのための一等賞?

オリンピックで、毎晩寝不足の人も多いと思います。こういう、国際大会が開かれると、いつも気になるのが、メダルの獲得数・・・とか、優勝がどうのこうの・・・とか。

「国の威信をかけて」とか「国の栄誉のために」とか言うのも、あまりいただけない響きに聞こえます。

「オリンピックは、参加することに意義がある」という言葉の重みは、どこに行ってしまったのでしょうか。

そういうに意味で、連日の日本にとどまらず各国選手の姿には、本当に感動させられています。4年に一度の大会、しかも、その一瞬に全てをかけている姿は、優勝者の表彰台よりも輝いているのではないでしょうか。

一つ提案があります。「メダルを取ったら、報奨金がいくらいくら」と言うことをよく聞くのですが、これ、止めませんか。選手個人にお金を出すのではなく、世界の平和とスポーツの振興のために使うのがいいと思います。
たとえば、基金を設立して、「メダルを取ったら、基金にいくら・・・」という具合です。オリンピックのあとには、パラリンピックが開かれますが、ここでは特に、選手が使う様々な器具が試合の勝敗を左右します。特に、開発途上の国の選手は、最新の器具が使えないどころか、練習施設の不備も影響しているのが現状。そういうところに、基金から援助できたらいいのでは、と思うのですが。

|

« 南ドイツの甘いもの | トップページ | メダルより大切な物 »

スポーツ」カテゴリの記事

トリノ五輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6104/735750

この記事へのトラックバック一覧です: なんのための一等賞?:

« 南ドイツの甘いもの | トップページ | メダルより大切な物 »