« コンポストで省エネ | トップページ | とのさまサンタ »

モローラ ―灰―

3月12日、NHKのテレビで、「モローラ ―灰―」ギリシャ悲劇オレスティア三部作より を見ました。

〈 台本・演出 〉 ヤエル・ファーバー 、〈出 演〉 ファーバー・ファウンドリーによるものです。内容は、ギリシア悲劇オレスティア三部作を翻案として書かれたもので、現代南アフリカが舞台の場面となっています。

もとのギリシア悲劇は、 父を殺した母に対して、娘と息子が復讐をする物語で、ははおやは息子の手にかかってしまいます。しかしモローラでは、最後の最後で息子が母に手をかけることを止めるのです。振り下ろそうとする斧を捨てて、代わりに握り拳を天に向けて劇は終わります。

ヤエル・ファーバー は、報復に報復を持って報いる復讐の連鎖を断ち切らなければ、真の平和は訪れないことを訴えています。

なかなか見応えのある劇でした。特に、ギリシア悲劇では重要な要素であるコーラスを、南アフリカ・コーサ族のンゴコ女性文化合唱団が演じ、それが物語の流れを非常に心に響くものに引き上げていました。

ギリシア哲学の考えでは、運命は決定的です。運命は人間のどのような努力によっても変えることはできません。ですから、妻が夫を殺し、子どもたちが母に復讐をするということも、運命の中に位置づけられている、その逃れられない運命の中に人間の悲劇を描いているようにも思えます。
しかし、「モローラ」はこの鎖を人の意志によって断ち切りました。最後に場面で、力強く挙げられたオレステスの拳は、そのことを強く教えているようにも思えます。

久々に、心に響く劇でした。

|

« コンポストで省エネ | トップページ | とのさまサンタ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6104/1042250

この記事へのトラックバック一覧です: モローラ ―灰―:

« コンポストで省エネ | トップページ | とのさまサンタ »