« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

コケモモ、満開

Garten0122_2

おお、去年は一つも咲かなかったコケモモが、今年は満開です。(^_^)v

実がなったら、コケモモ酒にして、つかりあがったら実はジャムにして、へへへ。

とても楽しみでぇ~す。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨学年

今年はもう、梅雨入りしちゃったのかな、と思うような天気が続いています。

つい先頃、子どもたちの遠足がありました。楽しみにしていたのに、やっぱり、雨。

やっぱり・・・というのも、この子の学年は、いつも雨なのです。去年の校外学習も雨の中でした。一昨年の公害各週は、台風接近の中。どうせ屋内の活動もできるから・・・と出かけました。この間の遠足も、子どもたちは教室の黒板に、でっかいてるてる坊主を書いたそうです。

来月には運動会が・・・。嵐にならなきゃいいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

得たもの、失ったもの(5/16のお題:悲喜こもごも、株長者への道!)

株で一儲けした方も、すっちゃった方も、聞いてください。これは伝え聞いた話なのですが…

昔、あるところの庄屋さんのうちに、それはそれは、頭の良い、美しいおかみさんがいたそうです。ある時、街の方から「かぶや」という者がやってきました。「かぶや」のいうには、
「おかみさん、金は天下の回りものっちゅうでしょ。そこで、わたしが発明したのが、このかぶ車です。このかぶ車を、その日吹いてくるいい方向の風に向かって回すんです。すると、お金が儲かりますよ。え、風の方向ですが。それはこれ、毎日の良い風の方向をお知らせする瓦版をお読み下さいまし。」
車を回すだけでお金が儲かると聞いて、おかみさんは、最初は疑っていたが、まあ、少しくらいは遊んでもいいかなぁ、と思って、かぶ車と瓦版を撮ることにした。

瓦版に従って金を車を回すと、確かに不思議なことに金が入ってくる。自分勝手に回しても、入ってくることもあるが、多くは損をした。そうか、瓦版に従っていればいいんだ。

やがて、おかみさんはかぶ車で大もうけをした。すると、周りの人たちがおかみさんにいろいろと取り入ってくる。おかみさんもちやほやされて、悪い気はしない。いつしか、毎日街ではおかみさんを中心に宴会が催されるようになった。

ある時、おかみさんが、殿さまと今度行われる川の治水工事のことについて、その資金を出す相談をしながら、飲んでいた時、庄屋から人がやってきた。
「旦那様が、ご病気です。」
「ああ、この金でいい医者を雇っとくれ。わたしは今、お国にために大変なんだから。」
これを聞いた庄屋の者も、親戚の者も、びっくりした。
「あいつは一体、どうなってしまったんだろう。」

やがて、庄屋の亭主はなくなり、息子が跡を継いだが、息子は母を「金の亡者になってしまった」と言って憎んだ。親戚の者も、彼女を庄屋の家から追い出した。おかみさんにはたくさんのお金と多くの事業にお金を出したという名誉が残ったが、さて、一体何を得たのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風発生

爽やかな五月のはずが、何かじとじととしていると思ったら。台風1号も発生。

今、外は大雨です。お買い物に行けないよぉ。

今日はサラダ油の安売りなのにぃ。!(~o~)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもは、シャワー(5月2日のお題:バスタイムの過ごし方)

今の我が家のお風呂は、追い炊きができません。それと、外国で少し長く暮らしていたので、普段は、朝起きて一番にシャワーを浴びる生活になっています。朝一番のシャワーは、目がすっきり覚めるし、湯冷めをして風邪をひく心配もないので、なかなかいいものです。

ただ、山賀さんは夏の冷房が苦手です。冷房、ガンガンのデパートとか、電車とか。たぶん、昔勤めていた職場が、冷房ガンガンの部屋で、体を少しこわしたのが原因でしょう。

ところが、ヨーロッパで知ったのが、ハーバルバス。少し温めのお湯に、ハーブオイルを垂らして、ゆっくりつかるのです。ハーブの香りが気分をリラックスさせてくれるし、体もポカポカになります。

そこで、この山賀さんお勧めは、レモンバームのハーバルバス。レモンバームは、比較的簡単に育てることができるので、お庭やプランターに種まきをしてみましょう。夏の日差しで葉焼けをしないように管理すると、ぐんぐん育ちます。その葉っぱを、ガーゼの袋に入れてもいいし、とにかく、お風呂の中に入れてしまいます。爽やかなレモンの香りの中で、ゆっくりとつかると、冷房で冷え切ったからだが暖まります。

レモンバームは、ハーブティにしても美味しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »