« お弁当の時間 | トップページ | ワイケケビーチが宇宙に☆ »

平和が、また遠のいた感じ・・・

集団的自衛権行使の憲法解釈を変更することを、有識者たちが安倍首相に提言、とのニュースが流れた。これを受けて、当の安倍氏は、「日本にとっても良い方向に進んでいる」というようなコメントを言っていた。

しかし、私には、日本にとっても、世界にとっても悪い方向にしか進んでいないように思えて仕方ない。

集団的自衛権、あるいは、防衛の必要を説く人たちは、
「攻撃された場合に、それを見ているだけでいいのか。武力を行使しても、国を守ることが必要だ。」と言っている。が、過去の戦争のどれをとっても、「国を守る」といいながら、被害は拡大し、結局、たくさんの犠牲者の悲劇を生んできたのではないだろうか。

「国防」という体の良い言葉で、戦争を肯定してはいないだろうか。
やられたら、やられっぱなしではいけないという理由は、いつか、やられる前にやっつける、に変わる。

殴れても、拳を振り上げない勇気がなければ、本当の平和は来ない。そう考えると、非暴力で平和を勝ち取ることは、難しい。難しいからこそ、武器を使う安易な策は取るべきではないと考えている。

私には、子供がいる。その子供たちが青年に育つ時代に、徴兵制が復活し、どこかの国に戦いに行くなんてことがないように、祈っている。

|

« お弁当の時間 | トップページ | ワイケケビーチが宇宙に☆ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6104/6977111

この記事へのトラックバック一覧です: 平和が、また遠のいた感じ・・・:

« お弁当の時間 | トップページ | ワイケケビーチが宇宙に☆ »