« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

自家製酵母パン 出来ました

「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる

今、パンにこっています。そもそもの発端は、ドイツ滞在にまで遡ります。

歯ごたえがあり、噛めば噛むほど味のあるドイツパンに魅力にとりつかれました。しかし、日本に帰るとドイツパンを手に入れるのは困難。じゃ、自分で焼くか。と思ったのですが、これがなかなか大変でした。

特に、ライ麦のパン。実は、このパンはイースト菌で膨らませていないのです。Sauerteig(ザウアタイク)サワー種で膨らませているのです。これが実は天然酵母。ライ麦粉で、酵母をつないで作るのです。ドイツの自然食品のお店では、このサワー種のもとみたいなものを売っているのですが、こんなの日本で手に入れるのは、パンを手に入れることよりも困難。半ば諦めていました。

でも、やっぱり食べたい。ならば、天然酵母のパンを勉強してみようかな、と思っていたところ、本屋さんでこの本を発見。「こんなに簡単だったんだ!」の言葉にひかれて買っちゃいました。

酵母エキスを作るのに5日、酵母を起こすのに5日、でも、初めてだったのに本の通りできちゃったのです。そしてパンも、焼けちゃいました。子供たちは、「今までの自家製パンのうちで、一番美味しい」と嬉しいことを言ってくれるし。こんな子となら、課程を写真に撮っておけばよかった。

天然酵母とイースト菌のパンの違いは、天然酵母はとにかくのんびりやることです。酵母エキスを作ること、酵母を起こすことも時間がかかりますが、1次発酵も時間がかかります。9月のこの時期で、5時間かかりました。でも、ものは考えよう。寝る前に生地をこねて、寝ている間に1次発酵。ちょっと早起きをして、形成、焼成をすれば、朝の食卓に焼きたてのパンがのります。

天然酵母のパンに挑戦しようと思っている人には、必見の一冊です。

さあ、次はライ麦パンだぞ。

「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる

著者:高橋 雅子

「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一台あると何かと便利

貝印 マルチブレンダー DK5033 Kitchen 貝印 マルチブレンダー DK5033

販売元:貝印
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まだ、学生だった頃、母がバーミックス(スイス製のハンディ・フード・プロセッサー)を購入した。「冷蔵庫の掃除」と称して、余り物の野菜をなべてスープ煮に。柔らかくなったところで、バーミックスでつぶす。とろみが足りなければ、水どき片栗で調節。あっという間にポタージュのできあがり。

一人暮らしを始めたとき、一番欲しかったのがバーミックス。でも、2万円を超える調理器具を、貧乏学生が買えるわけもなかった。てなわけで、マッシャーでつぶした程度のスープを作った。

結婚したとたん、ダンナのついてドイツに行った。ドイツのお友達から、時々料理を教えて貰った。そう、ジャガイモのスープ。彼女はバーミックスを取り出した。レープクーヘンの中に入れるドライフルーツも、バーミックスで砕いていた。おお、憧れのバーミックス。

帰国後、ネットでバーミックスを探した。でも、やっぱり高かった。そしたら、「似た商品があるぞ」とダンナ。それが貝印のマルチブレンダー。ええ。ほとんど同じじゃん。しかも、なんと手頃なお値段。感激してすぐに購入。かってよかったマルチブレンダー。山賀さんのうちでは大活躍です。

母の作ったポタージュはもちろんのこと、こんなことにも使えるぞ。

☆肉の蒸し焼き、野菜ソース添え☆
肉は、鶏でも豚でも、何でもいいです。でも塊にしましょう。鶏のモモは、そのまま切らないで使います。

  1. 鍋に合わせ調味料(醤油:酒:みりんが2:2:1のもの。あらかじめ作っておくといい)を入れる。鶏モモ1枚なら大さじ2-3杯くらい。鍋の大きさにもよるけれど、多すぎるとからくなるので適当に。鍋の底が調味料で十分隠れるくらい。水分の蒸発分を水や酒で補って下さい。
  2. 香味野菜(タマネギ、にんじん、ネギ、ピーマンなど)とハープ(セージ、ローズマリー、タイムなど)を入れて、ふたをします。
  3. 鍋を弱火にかける。時々肉の天地返しをして、蒸し焼きにする。
  4. 肉の大きさにもよるが、30分位したら、竹串をぐさっと刺してみて、すぐに抜き、唇に当ててみて、しっかり熱ければ中まで火が通っています。生ぬるいときは、もう10分火にかけてから、もう一度テストしよう。
  5. 肉に火が通ったらそのまましばらくおいて味をなじませる。
  6. 肉を取り出して適当な大きさに切り分ける。鶏肉ならば、柔らかくなっているので、フォークで裂いてもいいですよ。
  7. 残った肉汁、野菜は、ハーブの茎など食べられないものを取り除いたら、500ccくらいの空き瓶か計量カップにあける。この時、汁が熱いと瓶がわれるかも知れないので、さますか、耐熱のものを使う。
  8. ここでやっとマルチブレンダーの登場。中の香味野菜、ハープの形が無くなるまでブレンダーにかけます。これでソースが出来ちゃいます。とろみ、味が足りなければ、小鍋に開けて調節しましょう。
  9. 野菜ソースを切り分けた肉に添えてできあがり。

できあがり写真が無くてごめんなさい。でも、結構高級感漂う家庭料理がすぐに出来ちゃいます。ブレンダーの掃除は、水を入れたコップに入れてブルブルッとやると、おおかたの汚れは取れます。お手入れも簡単。B社のブレンダーだと、飛び跳ね防止のガードがついているのですが、これが結構洗うときにじゃまです。マルチブレンダーでは、飛び跳ね防止のガードも脱着できるものが付属品でついているので、絶対にお得。

そのほか、ケーキに添えるフルーツソースも、マルチブレンダーであっという間に出来ますよ。貝印は、もともとカミソリの会社。信頼できます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »