« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

ガスコンロが故障???

皆さんのお宅では、どんなガス台を使っていますか。

最近のものは、天ぷらなどの揚げ物をするときに、加熱しすぎで危ないとき、自動的に火が消える物があると思います。そう、コンロの真ん中に、熱感知器とおぼしき、棒がたっているものです。

内のガス台も、一つの口火がそうでした。ところが、そこだけが、火がつかなくなってしまったのです。スイッチ入れると「カ・チ・カ・チ・カ・チ」とスパークが飛んでいる音がして、口火はつくのですが、スイッチを放すと消えてしまう。他の題はちゃんと付いているのに。いよいよ、なんかの故障かな。と思って、ガス器具のお店に電話で修理を依頼しまた。

ところが、電話に出たお姉さんは言うんです。
「電池を替えて様子を見て下さい。」
「でも、他の台はつくんですけれど。」
「電池交換の時期が近づくと、こういうトラブラはよくあるんです。電池を交換しても、同じようでしたら、もう一度お電話下さい。」

真、そういうことなら、と、電池を交換しました。スイッチを入れると「カチカチカチカチ」おお、すごいスピードでスパークが飛んでいる。で、火もちゃんとつきました。ほほぉ。

と言うことで、よくあることなんだそうです。皆さんのお宅でも、同じような状態になったら、まず、電池交換をしてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »