« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

おせち作りながら

なかなか記事がアップできずにすみません。

今、おせち料理作りながら、これを書いています。

毎年必ずするのは、黒豆を煮ること。関西風のふっくらとしたのです。火にかけてことことしていると、そのうちに豆の煮てくるいいにおいで、幸せになります。まめにはしわは寄りませんが・・・。

でも、ここで問題が。2日目から、ダンナの実家に行くことに。じゃ、何でおせち料理、つくってんだよ。みんな食べないんなら、もっと手抜きにするのに。

とぼやきながらも、やっぱり、黒豆にて、お煮しめ作って。かまぼこ切ってお重に並べてと、年用意なんですね。

来年は子年。こまめに走り回りましょう。

よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスはやっぱり忙しい

記事の更新が遅れています。

12月は、忙しいです。師も走る、と書いて師走、12月とはよく言ったものです。

でも、何も付けの払いのために走っているんじゃないですよ。

ふだん、教会になかなか来ることのできないおばあちゃまや、入院中の方たちのお見舞いに、何やかやと出かけることが多いんです。教会からのクリスマスカードを持って、聖書を読んで、短くお祈りをして・・・。

でも、年老いていく不安、病気の痛さ、苦しさ、それらを目の当たりにして、ただ、ただ、手を握って、詩編の言葉を言うことしかできないんです。そういうところにこそ、イエス様は来て下さるんだって、信じながら・・・。

最近、よくインターネット落語を聞くようになりました。なんか、笑いたくて。

よく聞いているのがニィフ亭です。二つ目さんたちが頑張っています。よく一人で、あれだけの声色が表現できるんだなと感心しつつ、それぞれの登場人物がばかばかしくも、一所懸命に生きている姿に元気を貰ってる感じです。そういえば、朝ドラの「ちりとてちん」で、そんなことを言っていましたっけ。

だから、最後の最後まで、何事にも一所懸命になりたいですね。笑うときも、泣くときも、隣にいる人と一緒にとことん、笑ったり、泣いたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »