トリノ五輪

メダルより大切な物

紛争地域の子ら救え、五輪選手に報奨金寄付の輪という記事を見つけました。やっぱり、やっていた人たちがいたのですね。

今回の大会で、「選手強化を」とか言っている人たちもいるようですが、メダルより大切な物を忘れないで欲しいと思います。

先日、荒川選手のことを扱ったNHK特集をみましたが、「スピンの回転数を上げるよりも、美しく滑って欲しい」というファンのメールが心に残りました。確かに、難易度の退化技術も必要ですが、今回の彼女の金メダルは、荒川選手自身が一番楽しく、納得のいく滑りをしたからではないかと思います。だから、開場も魅了されたし、みんなが一つに慣れたって気がします。金メダル以上のものでした。

メダル競争で、おかしなナショナリズムが台頭してこないことを願っています。メダル獲得競争で意気をまくよりも、それぞれの活躍をたたえ合うオリンピックでありたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんのための一等賞?

オリンピックで、毎晩寝不足の人も多いと思います。こういう、国際大会が開かれると、いつも気になるのが、メダルの獲得数・・・とか、優勝がどうのこうの・・・とか。

「国の威信をかけて」とか「国の栄誉のために」とか言うのも、あまりいただけない響きに聞こえます。

「オリンピックは、参加することに意義がある」という言葉の重みは、どこに行ってしまったのでしょうか。

そういうに意味で、連日の日本にとどまらず各国選手の姿には、本当に感動させられています。4年に一度の大会、しかも、その一瞬に全てをかけている姿は、優勝者の表彰台よりも輝いているのではないでしょうか。

一つ提案があります。「メダルを取ったら、報奨金がいくらいくら」と言うことをよく聞くのですが、これ、止めませんか。選手個人にお金を出すのではなく、世界の平和とスポーツの振興のために使うのがいいと思います。
たとえば、基金を設立して、「メダルを取ったら、基金にいくら・・・」という具合です。オリンピックのあとには、パラリンピックが開かれますが、ここでは特に、選手が使う様々な器具が試合の勝敗を左右します。特に、開発途上の国の選手は、最新の器具が使えないどころか、練習施設の不備も影響しているのが現状。そういうところに、基金から援助できたらいいのでは、と思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)