書籍・雑誌

賢者のおくりもの

賢者のおくりもの―オー・ヘンリー傑作選 Book 賢者のおくりもの―オー・ヘンリー傑作選

著者:岩淵 慶造
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あまりにも、有名なお話なので、紹介するまでもないかも知れません。

愛する二人が、互いに一番大事なものを売って、プレゼントを買うという話です。妻がプレゼントしたのは、時計に付ける金の鎖。しかし、その時計を売って、夫は妻のための櫛を買います。その櫛でとくはずの妻の自慢の髪は、実は、鎖を買うために切って、売ってしまったのです。

「賢者のおくりもの」これはマタイによる福音書の中に記事のある物語です。それはこうです。当方の三人の博士が、星に導かれて、新しくユダヤの王となった方をたずねてやってくる。彼らは星の導きに従って、馬小屋で生まれた主イエス・キリストにまみえる。携えてきた、黄金、乳香、もつ薬を献げる。

しかし、私たちにとってクリスマスの最大のめぐみは、救い主が私たちのところに来て下さった、ということです。神様は、私たち人間をご自分のもとに取り戻すために、ただ一人の神の子をおくられたのです。

O、ヘンリーのこの物語も、聖書の記事をふまえて読むと、またひとつ違う味わいを感じられるかも知れません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クリスマスにはおくりもの

クリスマスにはおくりもの Book クリスマスにはおくりもの

著者:五味 太郎
販売元:絵本館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

五味太郎ファンの山賀さん、お薦めの絵本です。

クリスマスにはおくりもの。そりゃそうだよね。子供たちは、贈り物をもらうことを考えています。かつて暮らしたヨーロッパでは、アドベント(イエス様の降誕を待ち望む季節。12月25日の4回前の日曜日から始まります。今年は12月3日から。)になると、サンタさんに「今年は○○をプレゼントに下さい。」という手紙を書きます。

でも、クリスマスはプレゼントをもらうばかりじゃないんだよね。そう。プレゼントをあげる季節でもあるのです。そんな優しい心をプレゼントしてくれるのが、この絵本。子供も大人も暖かくなる一冊ですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本婦道記

小説日本婦道記 Book 小説日本婦道記

著者:山本 周五郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

敗戦直後、この短編集は、婦人たちに向けて、銃後の守りを高揚するもの書かれたと非難された。題名から受けるイメージからか。

ここに登場する女性たちの立場は様々である。そして、愛するものをその愛の故に支えていこうとする献身的な思いがあふれている。が、決して、滅私奉公を勧めるような内容ではない。

全てを注ぎ出すように、愛する人を支え、守っているのである。有島武郎の作品の中に、「愛は惜しみなく奪う」というのがあるが、全くその反対だ。

山本周五郎が、キリスト者であったことを知る人は少ないと思う。このようなところにも、彼の信仰の思いが表れているのかもしれない。

いずれにしても、一読をお薦めしたい一冊。これに限らず、山本周五郎作品は、疲れているとき、悲しいときに読むと、心にポット灯りをともされたような暖かさを感じて止まない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔女の宅急便

魔女の宅急便 魔女の宅急便

著者:角野 栄子
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

宮崎アニメでお馴染みの「魔女の宅急便」ですが、原作はもうお読みになりましたか。読んでいないのならば、この夏は是非お子さんと一緒にお読み下さい。

アニメ版では、最後を盛り上げるためか、かなりなドラマに仕立てていましたが、原作は、女の子が少しだけ少女になっていく、暖かな成長の過程が描かれています。

山賀さんは断然、原作の方がいいと思っています。ちなみに、危機のその後についての本も出されていますよ。

小さな子には読み聞かせ。小学3年以上は読書感想文のネタに、いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

著者:五味 太郎
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

虫歯を作ってしまったワニさんは、歯医者さんに行かなくてはなりません。
歯医者さんは、ワニであろうが治療しなければなりません。
困った一人と一匹の起こす騒動の結末は・・・。

言葉を自由に操る、五味太郎さんの絵本です。そろそろ、歯磨きの習慣をと思っている幼稚園の子供をお持ちのお母さん、子供と一緒に楽しむ一押し絵本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッタちゃんのひっこし

ロッタちゃんのひっこし Book ロッタちゃんのひっこし

著者:アストリッド=リンドグレーン,イロン=ヴィークランド,山室 静
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小さなロッタちゃんが、ちょっとしたことからへそを曲げてしまいます。小さなロッタは、お隣のおうちの物置小屋にお引っ越し。独立宣言をするのですが・・・。

長靴下のピッピでおなじみのアストリッド・リンドグレンの作品。「ごめんなさい」の本当の意味を教えてくれる、暖かい物語です。親子でお読み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とのさまサンタ

とのさまサンタ とのさまサンタ

著者:長野 ヒデ子,本田 カヨ子
販売元:リブリオ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

外国のお客様からもらったクリスマスの本。それがきっかけで、わがままなとのさまが、お城の中にサンタクロースを招こうとおお騒動。

奇想天外なアイデアで、物語がどんどん進みます。小さなお子さんと一緒になって、ワクワクしながら読むのが最高です。言葉の調子が、超グ~です。この絵本をきっかけに、サンタさんへの想像を親子でふくらましてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)