育児

子供の高熱

日曜日、下の子がこんこんと咳をし始めました。

オイオイ、風邪か?

と思っていたら、月曜日には37度を超え、その夜には40度近くまで。

高い熱、子供は大変です。でも、咳が激しくなるでもなく、はしか特有の症状がでるでもなく。扁桃腺はぱんぱんに腫れているみたいで、食べ物を飲み込むときにいたいと顔をしかめていました。

火曜日の朝一に、お医者さんへ。インフルエンザでも、溶連菌によるものでもなく、要するに、
「ただの風邪です。」

と言うことで、お薬を何種類か貰って帰りました。悪い病気じゃなくて、一安心です。

体力のある小学生だからいいのですが、年齢のまだ小さな子供、体力のない子供だったら、高熱は本当に怖いです。知っている人の中に、幼い頃の高熱で、障碍が残り不自由を強いられている人が何人かいます。

そのうちのお一人は、いつもお母さんが「すまないことをした、すまないことをした」と嘆いていらっしゃいました。母親としては、本当に残念な思いでしょう。お嬢さんは、体を異動することも、食べることも、身の回りの一切を人の手を借りなければ出来ない体になったのです。でも、そのお嬢さんは、あるとき、施設を出て、自立することを決心しました。その知らせを聞いて、私も本当にびっくりしました。もちろん、何人ものボランティアの人の協力を得てのことです。それでも彼女は明るく言うのです。

自分は、このように人の手を借りなければ何も出来ない。でも、その分、人の愛を、優しさを受ける幸せを得ている、と。

子供の高熱の度に、心配しながら、しかし、彼女のことをいつも思い出します。何も起こらないことが幸せなのかな。何が起きても生きていくことが、幸せなのかな。いや、命を与えられている、生かされていることを知ることが、幸せなのかも知れないな・・・と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のりの悪い先生たち

今日、小学校で文化祭がありました。

うちの子の出番の前は、1年生。おお、かわいい1年生も、少し頼もしくなって登場。ほほえましぃとみていました。

1年生の出し物は、音楽劇。病気のお母さんのために、サラダを作ろう。と言うことで、いろいろな材料が入っていきます。それを手と振りで加えていくのですが、そのときに、「会場の皆さんもご一緒に」という、演じる側、見ている側一体型の企画でした。

例年、窓には暗幕が張られるのですが、今年はそれが無く、体育館全体が明るい中で音楽劇が始まりました。

ところが、1年生の振りに会わせて、一緒に手振りをする人がほとんど無い。アレー。みんな、恥ずかしいのかな。これじゃ1年生がかわいそうだよ。

何よりもびっくりしたのは、一緒になってやってる先生がいない。ヒエー。校長先生なんか、ニコニコして、腕組みしてみている。ありゃりゃです。

せっかく1年生みんなが「皆さんも、ご一緒にお願いします。」と大きな声で言っていたのに。

こう言うとき、先生がサクラになっても、一緒にやったら、恥ずかしがり屋のお母さんたちも、のるのではないかな。やっぱり、「先生」とばれる方たちは、そんなノリノリのことをしてはいけないのかな。

でも、ぶっちゃけたお母さんたちも多んだけれど、こういうことを率先してやると、先生ににらまれるような雰囲気もあるんです。

かわいい子供たちが、一所懸命なだけに、なんか複雑でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ夏休み

梅雨は、あけていませんが、いよいよ夏休みです。

昨日、プール開放に備えて、救急心肺蘇生法の講習会がありました。と言うのも、毎年、PTA役員が監視に当たるので、一応・・・と言うことで。

ダミーの人形を前にして、
「けが人発見、感染防御、良し。安全確認、良し。」
人形に近寄り、
「もしもし、大丈夫ですか。もしもーし、だ丈夫ですか。もしもーし」
と声をかけて意識を確認。
「意識なし。助けてくださーい。怪我人がいまーす。」
と近くの人に助けを求める。
「どうしました。」
「この人、意識がありません。119番に通報して下さい。近くにAEDがあったら持ってきて下さい。」
と救助を頼み、
「気道確保。」
頭を後ろにそらせて顎を上げる。口元に耳を近づけて。
「(呼吸で胸が動いているかを)見て、(呼吸音が聞こえるかどうかを)聞いて、(息がほほに当たるかを)感じて、4、5、6。呼吸なし。」
で、人工呼吸。気道確保の姿勢のまま、口から息を2回入れる。思い切って入れないと入らない。次に30回、乳首を結んだ線の真ん中に手の付け根を充てて30回押す。これも結構力がいる。

てなことを、みんなで実習しました。やってて損はないけれど、出来れば、使わないですむことを願って・・・。

そして、AEDの使い方。うちの子の小学校では、PTAバザーの収益で、AEDを導入。まあ、学校の校庭を使ってリトルの練習もしているし、持ってて損はないと言うことでしょう。

機械が全部やってくれるとはいえ、正直、電気ショックですからね。講師の救急救命士の人も3回くらい使ったそうですが、
「正直、血管3本切れるくらいに、ビビリました。」
と聞いただけで、ビビリそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当の時間

子供が中学に入り、お弁当を持っていくようになりました。

ところが、食事を残したことのない子が、お弁当を時々残してくるのです。というのも、お弁当の時間はたったの15分。4時間目が長引くと、7-8分になることもあるのです。

うちの子の中学だけかと思っていたら、甥の所も同じと聞き、びっくり。

先日、中学校からの学校便りにも、その話題が載っていました。家庭訪問の際に、
「お昼の時間が短いのではないか」
という意見が多数あったそうなのです。

学校側の回答は、
「4時間目が長引いても、15分は確保しています。慣れれば、完食できるはず。」

あきれ果てました。「食育」が言われている現在で、こんなことがあるなんて。
信じられな~い。

栄養士をしていたことのある山賀さんは思いだしていました。メタボなおじさん、おばさんたちに何度
「ゆっくり、良く噛んで食べましょう。食事の時間は最低30分はかけてね。」
といってきたことか。

食事の時間が短いと、当然早食いの癖が付きます。
早食いの癖が付くと、過食傾向になります。体から「満腹だよ」というサインを出す前に、既に食べすぎになっているからです。
また、早食いは、良く噛まないで飲み込むことになります。当然、唾の出る量は少なく、消化の低下、免疫力の低下に繋がります。
さらに、食事は、ただ食べ物をとりゃいいと言うものではありません。当然、友達と話しながら和やかにとるもの。食事の時の語らいは、心の栄養でもあるんですよ。

ああ、全く。今の学校の先生たちは何を考えているんだろうか。

さらに問題は3年後。中学も給食になります。当然、配膳に時間がかかるので、食事の時間が15分というわけにはいかないはず。さあ、どうなるんでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

忘れ物対策???

新緑の季節は、学校では、身体検査だの、検診の季節。定期的にやってくる、おしっこの検査。

今年は、上のこと下のこのダブルで、提出日も同じでした。いつも忘れるといけないので、トイレの中にかごを置いて、その中に、コップと容器を入れておきます。トイレに入れば絶対目に付くので、忘れないという仕組み。

ところが、中学から「はい」と見せた保健の先生からのプリント(A4)には、でかでかと

尿検査

と書いてありました。裏には、いつもの注意書きが。どうも、忘れる子が多いので、これを部屋かトイレの目に付くところに張っておくようにとのことらしいのです。

それにしても、保健の先生も苦労しているのですね。
(にもかかわらず、クラスの中では一人が忘れたそうです。あ~あ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先生、楽しい授業をしようよ

こんな話を聞きました。

公立の小学6年生のあるクラスの出来事です。卒業間近で、国語の授業はすでに、教会書を全て終えてしまったそうです。ある日のこと、先生がプリントを配りました。それは、近くの有名私立中学の国語の入試問題でした。めっちゃ、難しかったそうです。先生曰く、

「中学受験したお友達は、こんな難しい問題も解くくらい、勉強しているんです。みんなもしっかり、勉強しましょう。」

その話を聞いた、母親はとても驚き、あきれ果てました。私も同感です。

この話の中に、今の教育者の抱えている問題があります。ペーパーテストで、人間の価値を計ろうとしているところです。人間の価値って、そんなに薄っぺらなものでしょうかね。

そのクラスのペーパーテストの点を上げることが、その先生の能力査定にもなっているのかも知れません。そうだとすると、当然、授業を乱す子供は、はじかれていきます。ここに、管理教育が始まっていくような気がします。

教育とは、学んでいくことを欲する心を育てることだと、聞いたことがあります。知識を多く持つこと、テストで高得点を撮ることではないはずです。先生は、ペーパーテストで判断できない子供たちの姿を見ていないのでしょうか。

もちろん、こんな先生ばかりではないことも事実です。子供たちのために、日々、工夫を凝らし、額に汗してがんばっている先生たちにエールを送ります。

さてさて、そこで、ちょっと考えてみました。あなたなら、6年生のクラスで、どんな授業をしますか。もう、卒業も間近なのですから、少し自由な授業をしても良いのではないでしょうか。

たとえば、原稿用紙1枚に、10分間で作文する。それも、ちょっと楽しいテーマにしましょう。
ひとつだけ願いを叶えてくれる壺があったら、君は何をお願いしますか。
人を楽しくさせるお話を作って下さい。等々…

問題は、作文を書いたあとです。何人かに発表して貰って、おもしろかったらみんなで笑いましょう。そして、先生は、一言ずつ、作文に感想を書いて、返しましょう。忙しくても、先生の直筆メッセージというのは、子供を大きく成長させる力を持っていると思います。

山賀さんも、小学校の時にそういう先生に育てられました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

学校ばかりが教育の場じゃない

教育基本法改正。何でこんなにあっさり通ちゃったのかな。国会のやりとりを聴いていても、なんかうやむやのうちに多数決で決めちまった・・・、という感がぬぐえません。

「国を愛する」という言葉は、私には色あせて見えるのです。

今まで、いろいろな国に行きました。ヨーロッパでは少し長く暮らしました。いろいろな国の人たちと会い、話、笑ったり、怒ったり、助けてもらったり、助けたりしてきたわけですが、その経験からは、一人一人が○○人というアイデンティティと、教育基本法にもられている「愛国心」は繋がらないように思えるのです。
どういったらいいのでしょうか。なにか、この「国を愛する心」には利己的な、他を退けて止まない力を感じて仕方ありません。

今、1日もかけずに世界のどこへでも行くことができます。インターネットでは瞬時にして、地球の裏側の友達とも話をすることができます。私の友人の中には、国際結婚をしてむしろ「国際人」としてのアイデンティティを持っている人たちも多いのです。

もちろん、それぞれの国が伝統的に培ってきたものを大切にすることも良いことですが、真の平和は、愛国心の名の下に他を廃することではないはずです。平和のためには、時には、自国を捨てることも辞さないときがあるでしょう。

それと気になるのが「伝統文化」です。私の学区では「伝統文化の継承」と称して、地域のお祭りが子供会によって支えられています。神社はなんの疑いもなく、公的な機関である学校を利用しているのです。これが、たとえばキリスト教会が何かをするとなれば、100%、たたきつぶされます。学校教育の場に特定の宗教を持ち込むべきではない・・・と。

さてさて、これからの子供たちはどうなっていくのでしょうか。しかし、学校ばかりが教育の場ではないじゃん!と思うのです。

たとえば、私は、今の文科省がおしているような日の丸・君が代の扱いには反対の立場です。そんな親を見て、子供たちは「卒業式どうするの」と言います。すでに、大きな声で君が代を歌うようにと、かなり厳しく指導されているようなのです。私は言いました。

歌ってもかまわない。むしろ、歌わなければ先生に迷惑かけちゃうでしょ。でも、君が代が何を意味しているのか、卒業式に於いて、日の丸がどのような扱いをされているのか、それはどのような考えによって強いられているのかをよく見て考えなさい。あなたの心まで、特定の色で塗りつぶされてはいけないと。学校の先生の話、教会書にかれていることだけではなくて、いろいろな国の人の話、いろいろな国の人が書いた本、いろいろな立場の人の話から、よく学べと。

教育は、確かに、子供たちの心を一色に塗りつぶしてしまう力を持っています。それは、過去の大戦で経験済みのことです。その過ちを、繰り返しちゃいけない。

国を愛することよりも、人を愛すること、敵を愛することが大切です。
美しい国を作ることを目指すよりも、汗だくになって人と力を合わせることを目指したいです。
そして、子供たちには、高い学力よりも、学んだことを生かす力を引き出してあげたいです。自分一人が安泰な生活を送るためではなくて、周りの人たちと、大切な物を造り上げていくために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスにはおくりもの

クリスマスにはおくりもの Book クリスマスにはおくりもの

著者:五味 太郎
販売元:絵本館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

五味太郎ファンの山賀さん、お薦めの絵本です。

クリスマスにはおくりもの。そりゃそうだよね。子供たちは、贈り物をもらうことを考えています。かつて暮らしたヨーロッパでは、アドベント(イエス様の降誕を待ち望む季節。12月25日の4回前の日曜日から始まります。今年は12月3日から。)になると、サンタさんに「今年は○○をプレゼントに下さい。」という手紙を書きます。

でも、クリスマスはプレゼントをもらうばかりじゃないんだよね。そう。プレゼントをあげる季節でもあるのです。そんな優しい心をプレゼントしてくれるのが、この絵本。子供も大人も暖かくなる一冊ですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どの親もいっしょ?

最近、思うこと。

ちびまる子の実写版ドラマでも、あたしンちでも、母の怒る言葉の内容。何でうちと同じなんだろう!
「ポケットにティシュを入れたまま、洗濯に出すな」
「部屋を片づけなさい」
「どうして嘘ついたの。怒られるようなことをしたならば、はっきりと言って謝ることの方が大事よ」

嗚呼、もう、おんなじ。時々起こっている自分が情けなくなって、子供と一緒になくこともあります。これも同じか。

まあ、そうやって、どこの家庭も、親も子も、成長していくの中、と思いました。とにかく、ぶっちゃけて話し合える、本気で叱ることのできる親子関係でありたいなと。

それにしても、ほんとに、まる子の母や、橘家の母とおんなじ言葉で叱っているんだから。子供共々笑ってしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

護身術

先日、子供の学校の親子学習会がありました。今年のテーマは、護身術。

近くの少林寺拳法の同上から、先生が数人来られて、捕まえられた場合の逃げ方を教えてもらいました。

手を捕まえられたら、相手の親指の付け根をめがけて力を入れると、おお。そんなに力を入れなくても、簡単に切ることができるのです。すごい。

ついでに、捕まえられたとき、反対に相手をねじ伏せるわざも教えてくれました。こちらは、ちょっと練習が必要かも。しかし、正確に技が決まると、ぜんぜん力を入れていないのに、相手をねじ伏せることができます。実は、親子一組で、親が襲う役、子供が襲われる訳で練習をしたのですが、痛いの何のって…(>_<)わぁ

いざというときに、ならったことが使えるといいんだけど。ようは、落ち着いて対応することなのかな。

本とは、護身術を使わないのが一番ですけど、もちろん(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)